背中ニキビ原因

医師や専門家が深く詳しく解説します

背中ニキビ原因

医師や専門家が深く詳しく解説します

背中ニキビの原因 はなに? 背中ニキビの原因・対策・予防法について

公開日
更新日

 
執筆:井上 愛子(保健師、看護師)
 
医療監修:株式会社 とらうべ
 
 
「 背中ニキビの原因 」にはなにがあるのでしょう。ニキビは、尋常性痤瘡(ざそう)と呼ばれるお肌の病気のひとつですが、薄着になる季節には、背中にできるニキビを気にする人がとくに増えることと思います。その原因を知って適切に対処し、予防していきましょう。
 
 

そもそも、ニキビはどうしてできるのか

 
まずは、ニキビの成り立ちを知りましょう。
 
ニキビはお肌の病気のひとつで、毛穴の周囲が炎症反応を起こした状態をいいます。
 
毛穴には汗腺と皮脂腺があり、汗と皮脂を分泌しています。また、汗や皮脂とともに身体の老廃物を体外へ排出するはたらきをしています。汗腺は汗を、皮脂腺は皮脂をそれぞれ分泌し、発汗によって体温の調整を行い、皮脂を分泌することで細菌などの外敵から肌を守るバリア機能を果たしています。
 
ニキビの発生は、毛穴がつまって皮脂がその内部に溜まり、そこに菌が増えることが原因で、できやすい部位としては、皮脂分泌が盛んな部位である顔や背中、胸元です。背中は顔と異なり目に見えにくいですが、顔と同様に汗や皮脂が多く分泌されるため、ニキビができやすい場所なのです。
 
 
ではどうして毛穴がつまってしまうのでしょうか?
 
 

スポンサーリンク



背中ニキビの原因:毛穴がつまる理由

 
毛穴がつまってしまう理由としては、おもに次のふたつのことが考えられます。
 

理由1: 角化異常がおきているため

肌は約28日の周期で、古い角質細胞がはがれて新しい細胞へと生まれ変わりますが、この周期が乱れると、古い角質細胞がはがれずに溜まっていくことになります。これを「角化異常」といいます。
 
そして厚くなった結果、毛穴の入り口は狭くなっていきます。さらに狭くなった入り口に皮脂や角質がたまると、毛穴がふさがれてしまうのです。肌の周期が乱れる要因としては、ストレス睡眠不足、食生活の乱れがあります。
 
また角化異常は肌のバリア機能の低下でもおこります。バリア機能が低下したことで、肌を守ろうとして、異常に角質を増やそうとするためです。肌の洗いすぎや乾燥、紫外線などによる刺激、ストレスがバリア機能低下の要因になります。
 
 

理由2: 皮脂が過剰に分泌するため

皮脂分泌が多くなると、狭くなった毛穴から出ることができずに、皮脂が毛穴の内部に溜まってしまいます。
皮脂分泌を多くする要因は、ストレスとそれによるホルモンバランスの乱れにあります。
 
ストレスは自律神経の交感神経を優位にするほか、皮脂の分泌を促すはたらきがあるアドレナリンを分泌させます。また免疫機能を低下させたり、男性ホルモンの分泌を促すコルチゾールというステロイドホルモンも、ストレスによって分泌されます。
 
免疫機能が低下すると、毛穴がつまって皮脂が溜まったところが感染しやすい状態になりますし、女性にも分泌されている男性ホルモンには皮脂を必要以上に分泌し、角質を厚くする作用を持っています。
つまりこのようなホルモンバランスの乱れが、皮脂の分泌を過剰にさせ、毛穴のつまりの原因となって、ニキビができやすい状態が作られてしまうのです。
 

 
 

背中ニキビの予防法1: 肌への刺激はできるだけ少なく!

 
ニキビの炎症反応を悪化させる要因として、肌への刺激やストレスがあります。
次のことに気をつけてみましょう。
 
 

衣服の素材や洗剤・柔軟剤に気をつける

背中は常に衣服に触れています。衣服の素材や、衣服に残った洗剤や柔軟剤が肌への刺激となります。常に肌に触れる衣服の素材を、刺激を与えないやさしいものを選ぶ、洗剤が肌に合わなければ変えてみるなど、肌に触れるものを意識してみてください。
 
 

シーツや寝間着は清潔にしておく

寝ているときは汗の量が多くなります。シーツや寝間着を清潔にしておくことも、背中ニキビの発生と悪化を予防します。
 
 

シャンプー・ボディーソープなどは、充分に洗い流す

シャンプーやコンディショナー後にきちんと背中を洗い流さなかったり、ボディーソープのすすぎ不足なども背中ニキビの発生、悪化の要因となります。シャンプーやコンディショナー後は充分に洗い流す、背中を洗うときも強くこすらずに、よく泡立てた泡で洗い、しっかりと洗い流しましょう。
また長い髪が背中に当たることも刺激になります。ニキビに当たらないように、髪をまとめることもおすすめします。
 
 

背中ニキビの予防法2:ストレスを減らす

 
背中ニキビの原因である、毛穴のつまりと皮脂の過剰分泌のどちらにも大きく関わっているのがストレスです。ストレスは肌の機能を低下させるだけでなく、免疫機能を低下させ、ホルモンバランの乱れにもつながります。
また暴飲暴食や生活習慣の乱れにもつながります。ストレスを減らすことは、背中ニキビの予防と悪化を防ぐ意味でも大切です。
 
背中は顔と異なり、目が届きにくくケアも難しい場所です。ストレスを減らして、規則正しい生活を送り、また、皮膚を清潔に保って刺激を減らすことで、背中ニキビを予防しましょう。
 
「 ニキビとストレス 」の関係について詳しくはコチラから
 
 

「 背中ニキビの原因 」 まとめ

 
・毛穴のつまりによって背中ニキビができる
・毛穴のつまりは、皮脂の過剰な分泌と角質異常によるものである
・ストレスや乱れた生活習慣が背中ニキビの発生や悪化の要因となる
・ストレスを減らし、規則正しい生活を送ること・皮膚を清潔にすることで背中ニキビの発生と悪化を防ぐ
 
 

<執筆者プロフィール>
井上 愛子(いのうえ・あいこ)
保健師、助産師、看護師、保育士。株式会社とらうべ社員、産業保健(働く人の健康管理)のベテラン
 
 
<監修者プロフィール>
株式会社とらうべ
医師・助産師・保健師・看護師・管理栄養士・心理学者・精神保健福祉士など専門家により、医療・健康に関連する情報について、信頼性の確認・検証サービスを提供
 
 

オススメリンク

 
関連した情報として以下のようなものがありますので、ご参考にしてください。
 
「ニキビがおでこに出来る原因 はなに? 思春期編と大人編」
 
「ニキビの原因 ってなんなの?ニキビの原因を知ってきれいな肌を保とう!」
 
「ニキビが治らない ?! ニキビを抜本的に解決する為には、どうすればいい?」
 
「ニキビ跡を消す ! どういう方法がある?ニキビ跡ってどんな状態?」
 
「ニキビ跡の赤み が気になる! なぜニキビ跡の赤みはできる?消す方法は?」
 
「顎ニキビの原因 はコレ!原因をしっかり抑えて対策を」
 
「鼻ニキビ が気になる… でも鼻ニキビを潰してはダメ!効果的な対策とは?」

※なお記事中の語句に張られたリンクをクリックすると、当該語句について詳しく説明した当サイト内もしくは外部サイトの記事へ移動しますので、ご活用いただければ幸いです。